「なんでもない会話」の大切さ

こんにちは。

いくじ応援団代表・助産師の鷹巣です。


暑い夏ですが、夏バテしたりしていませんか?

それにしても、コロナ禍の生活は、

まだ終わりが見えない状態が続いていますね。


「今年こそは自由な夏を!」と楽しみにしていたのに、

ガッカリしている方も、

いるのではないでしょうか。


私たち、いくじ応援団のスタッフもみんな、

「ああ、またか」とうんざり気分です。

いままで当たり前だった

「人に合う」「仕事に行く」「旅行に行く」「外食に行く」などが

当たり前ではなくなりました。

いやでも、ひとりひとりが

「いま声かけていいのかな」「いま優先するのは、なにかな」「家族でどうしていこうかな」と毎回模索しなくてはいけなくなったのです。



LINEやSNSもありますが、

わざわざLINEするほどでもない「暑いなあ」「お腹すいたね」などの

たわいないおしゃべりができるのは、家族がいてくれたからです。


コロナ禍の前までは旅行や買い物など、「楽しいこと」と言えば、外に気持ちが向いていましたが、

ふつうに健康であること、家族の存在、仕事に行けるという生活のベースが

本当にありがたいことだったんだなと。


コロナ禍にあっても、子どもたちは成長していきます。

人と人が助け合い、関わりあう社会であることを子どもに伝えていく意味でも、

私たち「いくじ応援団」はいま、活動を止めることはしていません。


「今日は、特別に暑いよねー」

「見て見て、歯が生えたんですよ」

「水分補給、しっかりしてね」

「ママ、眠れてる?」


さりげない会話が、人間には必要です。


私たちは、出来る限りのコロナ対策をして、

気軽に立ち寄っていただける場として

育児によりそい、オトナの時間を大切にする活動を続けていきたいと思います。


もし、ご不安な点、お気づきの点があれば、

ぜひスタッフにお伝えください。


気軽に声を掛け合いながら、

コロナ禍を一緒に過ごしていきましょう。



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは いくじ応援団です 9月の予約を開始いたしましたのでご確認ください。 ご予約はホームページ各種ご予約・スケジュールページからとなります。https://www.ikujioendan.com/book-online 【サロン】 1部・2部/一時預かり/助産師なんでも相談 *一時預かりはおひとり様2回/月まででお願いいたします。 *8月・9月の月替わりイベント 【クラス】 全クラスお子さま

いくじ応援団代表 助産師の鷹巣です。 「助産師」と聞いて、みなさんは、どんなイメージを持つでしょうか。 まず思い浮かべるのは、出産シーンではないかと思います。 私は助産師になって、今年で22年です。 今回は「なぜ助産師になったのか」、「なぜ助産院を開業したのか」を書いてみます。 私は、看護師になりたくて、看護学校に入りました。実は看護学生として、実習に行くまで私は、「助産師という職業」を知りません